元イングランド代表のピーター・クラウチが妻と旅行中に死の危機に! | アスブレ

元イングランド代表のピーター・クラウチが妻と旅行中に死の危機に!

クラウチ

201cmという長身を生かしたプレーで
リバプールFCを始めイングランド国内の多くのクラブなどで
活躍した元イングランド代表FWピーター・クラウチ

リバプールでチャンピオンズリーグ準優勝に貢献した他、
イングランド代表としても42試合に出場して22ゴールを記録。
またプレミアリーグで史上初となる
ヘディングだけで通算50得点を達成しています。

プレー以外にも代名詞であるゴールを決めた後のロボットダンスなど
ユーモアあふれるキャラクターの持ち主で、
今年7月にバーンリーFCで現役を引退した後は
解説者やコラムニストとして活躍しています。

そんなクラウチはこのほど新しい著書を出版。
その中で妻との旅行中に死にかけた経験を明かしたのです。

一体どういうことなのでしょうか?

プレミアリーグ非公開: 【プレミアリーグ2020-21開幕】放送/配信予定と視聴方法を解説!

クラウチの代名詞はロボットダンス!10年間封印も

クラウチ

クラウチの代名詞と言えば、
ゴールを決めた後に見せるロボットダンスです。

元々は2006年のワールドカップ前に
デイビッド・ベッカム宅で開かれたパーティーで披露したところ
好評だったことから採用し、
テストマッチ2試合で披露しています。

しかし反響が予想以上に大きかったことや
相手を侮辱しかねないということで、
これ以降10年間封印しています。

この封印を解いたのが2017年。
ストーク・シティに所属していたクラウチが
エバートンを相手に決めたゴールで
久しぶりのロボットダンスを披露しました。

史上最年長の36歳での通算100ゴール到達を祝うものでした。

旅行中にクラウチ夫妻を襲った死の危機!天候悪化でボートが岸壁に・・・

海外発NEWSを和訳・翻訳!

クラウチはイギリス紙で連載しているコラムをまとめた
「I,Robot」という著書を刊行。

イギリス紙「The Mirror」は
その著書の中で妻との旅行中に死にかけたという
衝撃の経験を披露していると報じました。

妻で元モデルのアビー・クランシーと
イタリアのサルディーニャ島を訪れたというクラウチ。

二人は島の海岸からボートに乗り
シャンパンを楽しみながら日光浴をしていましたが、
突如天候が悪化し波が押し寄せたそうです。

そのタイミングでボートの錨(いかり)が何かに引っかかってしまい
向きを変えることが困難に。

錨を中心にボートが振り回されて岩礁に衝突しそうになり、
パニックに陥りました。

何とか錨を抜こうとした手は傷つき、ボートのデッキは血だらけに。
絶望的な状況に達した瞬間、奇跡的に錨をつなぐロープが切れ、
助かったということです。

クラウチは「まるでホラー映画だった」と話した上で、
「岩に衝突したら死んだかどうかはわからないが、
仮に衝突していても私の美貌が失われることはなかっただろう」
とユーモアを交えて当時を振り返っています。

まとめ

記録にも記憶にも残る選手だったピーター・クラウチ。

引退後の現在も引く手あまたの活躍をしていますが、
そのユーモアあふれるキャラクターで
今後も業界を盛り上げていくことが期待されます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事が参考になったら是非クリックをお願いします。
↓↓
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

EURO【EURO(ユーロ)2020】日程は?熱狂必至!4年に一度のヨーロッパ最強国決定戦!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です