ジェラール・ピケが新たなヨーロッパカップ戦構想?夢はバルサ会長 | アスブレ

ジェラール・ピケが新たなヨーロッパカップ戦構想?夢はバルサ会長

ピケ

世界屈指の実力を持つFCバルセロナのDFジェラール・ピケ

これまで昨シーズンも含めて8度のリーグ優勝、
そして3度のチャンピオンズリーグ制覇に貢献し、
今シーズンも不動のCBとしてバルサを引っ張ります

その一方で将来の夢は「バルサの会長」と公言し、
ビジネスマンの顔も持つピケ。

現在構想を膨らませているのが
ヨーロッパの各国リーグのチャンピオンなどが参加する
新たなカップ戦の実現だというのです。

現役選手がカップ戦を開催するとはどういうことなのか?
海外発NEWSに注目しました!

錦織圭錦織圭とバルサDFジェラール・ピケがSNSで交流!意外な組み合わせの理由は? 【2019-20エル・クラシコ】日程と放送予定は?延期されていた世界最高峰の一戦!

ピケが目指す新カップ戦のモデルはテニスのデビスカップ!

海外発NEWSを和訳・翻訳!

スペイン紙「AS」によると、
ピケはヨーロッパサッカーの競争環境を活性化するアイディアとして
ヨーロッパクラブの新しいカップ戦構想を計画しているそうです。

さらに「あまり遠くない未来」に実現したいと考えているとも報じています。

サッカー選手としての顔以外に
ビジネスマンとしての顔も持っているピケ。

友人らと設立した投資会社は国際テニス連盟とパートナーシップを結び、
テニスの国別対抗戦デビスカップのフォーマットを
リニューアルするなど積極的な活動をしています。

ピケが構想を掲げる新たなカップ戦は、
このデビスカップのフォーマットを取り入れた大会にしたいと考えているようです。

新カップ戦の詳細は?デビスカップのフォーマットは?

今年からフォーマットが新しくなったデビスカップ。
予選ラウンドとファイナルズに分けて実施されます。

新フォーマットでの大きな変更点は開催期間と場所

これまではシーズンを通してトーナメントが行われ、
対戦国のどちらかが開催場所となっていました。

しかし新フォーマットでは
中立国(2019年と2020年はマドリッド)に全出場国を集め、
1週間の期間でファイナルズを開催します。

ファイナルズでは出場18か国が
3か国6グループに分かれてグループリーグを戦い、
各グループ1位と2位の中で成績の良い2か国が
トーナメントに進出し優勝を争います。

ピケが構想するヨーロッパサッカーの新カップ戦では、
こうした中立地に主要国リーグのチャンピオンなどを集め
短い期間で開催するフォーマットを採用することを考えているようです。

祖父がバルサ元副会長のピケ!引退後の夢はバルサの会長!

バルセロナ出身でありバルサ下部組織育ちのピケ。

2004年からの4年間は
イングランドのマンチェスター・ユナイテッドに所属しましたが
それ以外はバルサに忠誠を捧げています。

そんな地元愛の強いピケの現役引退後の夢がバルサの会長になること

実はピケの祖父アマドール・ベルナベウも
かつてバルサの副会長を務めた人物なのです。

この夢に関してバルサの元会長であるジョアン・ラポルタも

「バルセロナに対する愛情、勇敢さ、個性など

偉大な会長になるための資質を備えている。私なら今すぐにでも投票したい」

と評価しています。

まとめ

現時点ではアイディアに過ぎないピケのカップ戦構想ですが、
既にスペインサッカー連盟と話し合いが行われているという情報もあります。

実現すればチャンピオンズリーグなど現行のカップ戦への影響は必至。
今後の動向に注目です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事が参考になったら是非クリックをお願いします。
↓↓
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

EURO【EURO(ユーロ)2020】日程は?熱狂必至!4年に一度のヨーロッパ最強国決定戦! 錦織圭錦織圭とバルサDFジェラール・ピケがSNSで交流!意外な組み合わせの理由は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です