日本好きなアーセナルのレジェンド!ベンゲルがマンUの監督に興味? | アスブレ

日本好きなアーセナルのレジェンド!ベンゲルがマンUの監督に興味?

ベンゲル

イングランドのアーセナルを長きに渡って率い、
無敗優勝など数々の偉業を成し遂げたクラブのレジェンド、
アーセン・ベンゲル前監督。

過去には名古屋グランパスを指揮したこともある
日本好きで有名な世界的名将も現在はフリー

先日は吉本興業とマネジメント契約を交わしたと報じられ、
日本での現場復帰に向けた布石かとの噂もたったベンゲルですが
ライバル関係にあったマンチェスター・ユナイテッド(マンU)監督への興味
明らかにしたというのです。

その驚きの詳細とは!?

プレミアリーグ非公開: 【プレミアリーグ2020-21開幕】放送/配信予定と視聴方法を解説!

過去には名古屋グランパスを指揮!日本好きを公言するベンゲル

サッカーイメージ

名前:アーセン ベンゲル
生年月日:1949年10月22日
出身地:フランス
監督歴
  • 1984-1987 ナンシー
  • 1987-1994 ASモナコ
  • 1995-1996 名古屋グランパスエイト
  • 1996-2018 アーセナル

プロの選手としてプレーした後、
母国のクラブで監督業をスタートしたベンゲル。

名門ASモナコなどを経て、
1995年には名古屋グランパスの監督に就任し、
天皇杯優勝に導きます

在任中は興味のあった相撲観戦などを通して日本文化を学び、
感銘を受けたベンゲルは次のような言葉を残しています。

「日本ほど素晴らしい国は世界中のどこにもないだろう。
これは私の確信でもあり事実でもある」

「日本の素晴らしさやレベルの高さについて
日本人が全く分かっていないことが問題だ」

日本人の国民性を的確に捉えた深く考えさせられる言葉です。

ベンゲル「マンUは全ての監督にとって夢」と発言!

アーセナルをクラブ史上最長となる22年間指揮したベンゲル。

2003‐2004シーズンの無敗優勝などプレミアリーグを3回制覇
カップ戦も含めると17のタイトルをクラブにもたらした
まさに生きる伝説です。

そのベンゲルの前に立ちはだかったのが
宿敵アレックス・ファーガソン率いるマンチェスター・ユナイテッド

ピッチ内はもちろんピッチ外でも激しい舌戦などを繰り広げてきた
永遠のライバルクラブの監督にベンゲルが興味を示していると
イギリス各紙が報じています。

海外発NEWSを和訳・要約!

記事によるとインタビューに答えたベンゲルは、
「マンUはすべての監督にとって夢の仕事。私は自信も勇気もある。
クラブが以前の栄光を取り戻すアイディアを持っている」
と発言したといいます。

マンUは今シーズンも現在リーグ戦で8位と
ここ何年も以前の輝きを取り戻せておらず批判にさらされています。

そんな現在のチームについて
「プレーにもプレスにもパターンがない。指導と発展が必要だ」
と話したベンゲル。

さらに、
「4人のプレイヤーとの契約が必要だ」と具体的な補強についても言及。

マンU監督就任への興味は間違いないようです。

まとめ

現在はテレビ評論家として働いているものの、
現場復帰への思いを繰り返し語っているベンゲル。

これまでの経緯を考えると
実現のハードルは非常に高いと思われるベンゲルのマンU監督就任。

今後の動向に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事が参考になったら是非クリックをお願いします。
↓↓
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

プレミアリーグ非公開: 【プレミアリーグ2020-21開幕】放送/配信予定と視聴方法を解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です