【山口瑠伊】将来の代表守護神候補の経歴は?岡崎と笑顔でツーショット | アスブレ

【山口瑠伊】将来の代表守護神候補の経歴は?岡崎と笑顔でツーショット

山口

若手日本人選手の海外移籍が珍しくなくなってきた昨今。

他のポジションに比べて言葉の壁が大きく
難しいと言われていたGKも、
複数の選手が海外でのチャレンジを決断しています。

その中でいち早く活躍の舞台を海外に求めたのが、
スペイン2部のエストレマドゥーラUDに所属する山口瑠伊(21)です。

将来の日本代表を担う逸材と言われる山口選手とは
どのような選手なのでしょうか?

南野【2020/1/5】「リヴァプール南野拓実」がデビュー?FAカップ3回戦の放送は? リーグアン非公開: 【フランス|リーグ・アン2020-21開幕】放送/配信予定や視聴方法を解説!

父がフランス人でFC東京の下部組織出身!16歳で海外挑戦!

名前:山口・ジュリアン・タカジ・瑠伊
生年月日:1998年5月28日
身長:186cm
体重:70kg
所属クラブ
  • 2011-2013 FC東京U-15深川
  • 2014            FC東京U-18
  • 2014-2015 FCロリアンU-17
  • 2015-2017 FCロリアンU-19
  • 2017-2019 エストレマドゥーラUD B
  • 2019-         エストレマドゥーラUD

パリ生まれ、東京育ち。ポジションはGK一筋

フランス人の父と日本人の母のもと、
パリで生まれた山口選手。
生後6か月で来日してからは東京で育ちました

父の影響で3歳の時にまずは柔道を始め、
サッカーを始めたのは5歳の時。

ポジションは小学校の時から一貫してGKで、
体を投げ出すことなどに柔道との共通点を感じたことが
GKを選んだ理由だということです。

小学校卒業後にFC東京U-15深川に入団し、
その後FC東京U-18へ昇格しましたが16歳にして大きな決断をします。

16歳でフランスへの移籍を決断

それが父の母国フランスのクラブへの移籍
日本での勉強とサッカーの両立に限界を感じたのがその理由だそうです。
日本では通っていた東京国際フランス学園とクラブへの
移動時間だけで毎日2,3時間。

一方でフランスの育成組織は学業にも力を入れていて、
移籍先となったFCロリアンは寮と学校、練習場の距離が近く
勉強にもサッカーにも集中できる環境だったそうです。

スペインでの挑戦へ。サッカー選手以外の選択肢は経営者

そうした環境で自分を磨いた山口選手は
FCロリアンU-17、U-19と順調にステップアップした後、
スペインのエストレマドゥーラUDと契約
当初は4部リーグのBチームでプレーしてきましたが、
今シーズンからはトップチームに昇格しています。

U-15日本代表候補を皮切りに、
各年代の日本代表としても活躍してきた山口選手。
今年のトゥーロン国際大会にもU-22日本代表として出場しました。

アンダー世代とは言え日本代表というだけでも凄いことですが、
勉強にも力を入れてきた山口選手は高校卒業後、
通信制のビジネススクールに進学

ケガなどでサッカー選手を諦めざるを得ない時の
「プランB」として経営者の選択肢も持っているそうです。

ただでさえイケメンで、サッカーの才能もある。
しかも勉強もおろそかにしない。
どれだけ完璧な男なのでしょうか・・・。

スペイン2部で奮闘する山口瑠伊!岡崎との2ショットも!

海外発NEWSに注目!

現在はスペイン2部のエストレマドゥーラUDに所属する山口選手。

スペイン2部は今シーズンから
レアル・サラゴサの香川真司やウエスカの岡崎慎司が主戦場にしていて、
日本人対決にも注目が集まっています

山口選手も開幕以来、ベンチ入りを続けていますが、
ここまで出場は無し。

先日のウエスカとの一戦でも岡崎選手が先発フル出場して
1-0での勝利に貢献したのに対し、
山口選手はベンチで試合を見守りました。

その試合後に山口選手は自身のSNSを更新し、
岡崎選手と笑顔で写ったツーショットを投稿。

試合に出られなくても腐らず、
夢に向かって努力を続ける男の笑顔に清々しさを感じます。

まとめ

16歳にして海外挑戦を決断した山口瑠伊。

文武両道を体現する男が
日本の守護神となる日は来るのでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事が参考になったら是非クリックをお願いします。
↓↓
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

南野【2020/1/5】「リヴァプール南野拓実」がデビュー?FAカップ3回戦の放送は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です